名物グルメのくじらロールってなに!?駅チカで遊びやすい人気スポット!

「下関」 山口県下関市

下関の壇ノ浦砲台跡
下関競艇場は山口県下関市の長府駅近くにある競艇場です。
5階建ての大きなスタンドがあるのが特徴で、名物のくじらロールなどグルメ情報も充実しています。

 

頻度は少ないですが、芸人を呼んだトークショーやトランポリンなど子供向けのアトラクションを用意することがあるので、競艇に興味がない方はイベント情報をチェックしてみてください。
また、全国の中でも有料席の評判が良いので、手軽な利用料でVIP気分の優雅なひと時を楽しみたい方におすすめの競艇場です。

 

 

下関競艇場の特徴

所在地 山口県下関市長府松小田東町1-1
アクセス 長府駅より徒歩3分、下関より無料直行バス、中国自動車道下関IC・小月ICより10分
ナイター
改装情報 不明
競走水面
水質 海水
グルメ情報 くじらロール、おでん、天串など

 

下関競艇場は古い建物ですが、5階建てのスタンドは部分改修を繰り返していて綺麗です。
また、2018年には国内最大級の遊具パーク「モーヴィ下関」が施設内にオープンし、大人から子供まで遊べるアスレチックエリアとして人気を集めています。
こちらは別途300円の料金が必要ですが、スウェーデンの遊具を多数取り揃え、国内最大級の遊び場として話題になりました。

 

観戦スタンドは1~3階が自由席、4階・5階は有料指定席です。
5階のロイヤル席は1人1台のモニター、スポーツ新聞プレゼント(4紙から選択)、フリードリンク、軽食配膳、お遣いサービス(スタッフがタバコやジュースを買うなど)といった全国の中でも屈指のおもてなしサービスが好評です。

 

ロイヤル席の料金は通常2,000円。8R以降は1,000円なので競艇に興味がない方でもVIP気分を手軽に味わえると好評です。
グルメは名物のくじらロールが有名。下関競艇場に足を運んだ際は是非食べてください。

 

コースの特徴

下関競艇場のレース
下関競艇場は埋め立て地の内側水路の一角を利用したコースになっていて、水面のうねりが激しいと外枠のまくりが決まりにくくなります。
以前は午前のレースでうねりを受けやすかったですが、2017年に中国地方初のナイター開催が始まってからは水面が比較的安定するようになりました。

 

ただし、全国的に18時以降のナイターレースは1コースの勝率が高くなるため、内枠有利の傾向は変わりません。
1コースの1着率は全国平均を上回る55%以上なので、1コースが堅いレースと荒れそうなレースを見極めることと、軸を固定した後の相手探しが重要です。

 

風やうねりなど頻繁にコンディションが変わる影響から、全般的に地元のベテラン選手は成績が安定していて、重賞などで遠征してくる選手は苦戦する傾向があります。
大潮の満潮時には堤防を越えて直接海水が入ってくるので、目視で水面のコンディションを確認しやすい競艇場です。
潮回りを確認するとともに、約15%の確率で発生する1コースが4着以下に沈むレースを見極めることができれば舟券予想が有利になります。

 

山口からも訪れやすい福岡競艇場