唐津競艇場は風と水質に注目!買い目予想の参考にご覧下さい。

「唐津」 佐賀県唐津市

唐津市の唐津城
唐津競艇場(ボートレースからつ)は佐賀県北西部に位置する唐津市にあり、競走水面はプールで国内屈指の広さを誇っています。
スタンドなど観客が利用する建物はホテル並みに綺麗だと評判で、ボートレース場内の設備は競艇場の中でもトップクラスの充実度です。

 

競艇場の周辺に商業施設は少ないですが、唐津市は自然が豊かで唐津城もあることから観光地として人気を集めているエリアです。
福岡県や佐賀市から日帰り観光を兼ねて訪れる方や、全国の旅打ちファンから人気の高い競艇場なので、是非一度足を運んでみてください。

 

唐津競艇場の特徴

所在地 佐賀県唐津市原1116
アクセス 東唐津駅より無料バス、西九州自動車道・唐津ICより3分、長崎自動車道・多久ICより有料道路経由で30分
ナイター ×
改装情報 大規模改修中(2020年9月~2021年3月に完成予定)
競走水面 プール
水質 淡水または汽水
グルメ情報 牛とじ丼、ちゃんぽん、皿うどん、天ぷらなど

 

唐津競艇場はホテルのような豪華な造りと評される一方で、築40年以上の古い建物のため2018年より大規模改修を行っています。
現在は古い施設が取り壊されて仮設スタンドと仮設食堂による営業(令和3年3月までの予定)なので、舟券予想以外の楽しみ方を重視する方は新スタンド完成を待つとよいでしょう。
従来の施設は3階建てでしたが、ネット投票の普及で来場者数が減っていることから新スタンドは2階建てに規模が縮小され、市民が楽しめる憩いの場にするコンセプトで、1階に多目的ホールとフードコートが入る予定です。

 

競艇場の立地は、河川から少し離れた場所に位置していて、自然に囲まれた癒やしのある雰囲気になっています。
佐賀市や福岡県から車で来場する方が多いため、無料駐車場を2,170台用意されています。
公共交通機関でのアクセスの場合は、駅から少し離れているほか、一般の路線バスは最寄りのバス停から徒歩15分くらいがかかるため、競艇場が用意する無料送迎バスを利用しましょう。

 

観光スポットである鏡山展望台

 

周辺には鏡山展望台、七ツ釜、呼子の朝市などの観光スポットがあるため、観光とセットで楽しめる競艇場を探している方におすすめです。

 

コースの特徴

水面はプールですが、周辺に山・川・海がある自然豊かな立地のため、1年を通じて風が吹いています。
朝は向かい風、午後は追い風になることが多く、風速2~3m程度の追い風ならインコース有利。風向きを問わず風速5m以上で水面が荒れてくるとレース結果も荒れやすいです。
競走水面は国内屈指の広さを誇り横に長い形状が特徴。ピットから2マークまでの距離が178mともっとも長く、待機時間の長さは1分50秒と全国でもっとも長い時間です。

 

スタートにコツがあり重賞開催では地元勢が強い競艇場ですが、風と波が穏やかな落ち着いたコンディションであればコースが広い分だけ走りやすく、実力通りの決着で波乱が起きにくくなります。
唐津競艇場での舟券予想で重要なのが枠なり崩れです。ピットから2マークまでの距離が長いため、枠なり崩れが発生しやすく、4コースの枠なり進入率は70%程度しかありません。
スタート展示で距離感を掴んでいるかの確認や、コース取りで波乱が起こるかどうかを確認しておきましょう。